首 イボ

首イボを液体窒素で除去する

首イボ治療に使う液体窒素

歳を重ねると若い頃のようにケアを怠っても肌がピチピチしているという状態からは程遠くなります。手間を惜しんでケアをサボってしまうとその反動は速攻であらわれるので、息抜きをする暇がありません。首イボはほとんどの場合、老化現象のひとつとしてあらわれますが、その元凶は紫外線と言われています。

日焼け止めやストールなどで紫外線予防のケアをしておけば、イボができるリスクを減らすことができるものです。小麦色の肌は健康的に見えますが、美容を気にする女性にとっては一度黒くしてしまうと後のケアがとても重要です。そして若い時にケアが不十分だと、そのしっぺ返しは老化現象が始まることであらわれ、30代後半ぐらいから急にシミやシワができやすくなります。

ただ、シミやシワと同様で、健康に被害を及ぼすものではありませんので、気にならなければ放置しても何ら問題はありません。襟ぐりの広い洋服を着た時などには目立つこともありますし、複数できていればコンシーラーでカバーすることは難しいです。抗炎症作用や保湿成分の高いコスメでケアをすればある程度の改善は見込めます。また、増やさないためには紫外線対策をしっかりとすることが必要です。

首イボは大抵は非常に小さく細かいのですが、まれに、肥大したものができることがあります。老人性であれば問題はありませんが、疾患の可能性も無いとは言い切れません。皮膚科もしくは美容外科で診察を受けて、悪性でないことを確認することが大切です。病院では液体窒素を用いた治療も行っています。これは、凍結療法というもので、患部を低温やけど状態にして取り除く方法です。1度で取りきれないので数回の治療が必要ですし、低温やけど状態にするため水ぶくれになったり、痛みや内出血を伴ったりする場合もあります。また、健康保険適用外となっているところがほとんどです。悪性の疾患でなければ、即効性はありませんが、エイジングケアを地道に行う方が安全性は高いです。

大きい首イボもスキンケアで改善可能

老化が原因でできやすくなる首イボは1ミリ程度の小さなポツポツというイメージがありますが、中には1センチ以上の大きいものもあって大きさは決まっていません。特徴として、大きいイボができるとその周りを囲むようにして小さなものができていることが多いです。一見すると種類が違うように見えますが全て老人性です。

ただ、大きさによって呼称が異なっています。極小さな突起していないようなものはアクロコルドンと言います。少し大きくて触ると隆起しているのがわかるものはスキンタッグといいます。そして、5ミリ以上の大きさになると軟性線維腫と呼ばれます。老人性のものは良性なので放置しても肥大してくる人はなく、健康に被害を及ぼすことはありません。気にならなければそのままで大丈夫です。しかし、気になって何度も首を触ったりこすったりすると症状が悪化することがあるので注意が必要です。

首イボは病院で治療することの多い症状ですが、突起した部分だけをそぎ落としても、肌の新陳代謝が良くならなければ、角質は排泄されずに残ってしまいます。また、強引に取り除くことで、跡が残る可能性もあります。このようなリスクを考えると、適切なスキンケアで改善を目指すほうが安心です。

首イボが気になる女性

老人性と呼ばれるくらいですから老化現象のひとつですが、大きく影響しているのは紫外線です。紫外線を浴びた後のスキンケアが不足して、老廃物の排泄が上手くできずに角質化したものがイボとなったのです。肌の新陳代謝が衰えているのならば、病院で治療を受けて除去したとしても再発のリスクは高いです。そのため、地道にスキンケアを行って、首の皮膚の新陳代謝力をアップさせることが最も効果的な改善方法となります。大きいものでも小さなものでも、新陳代謝によってターンオーバーが正常になればできにくい肌になりますし、角質も取れやすくなります。また、専用のスキンケア製品も販売されているので、併用すると更に効果がアップします。

首イボが多いのは歳のせい?

首イボと老化を嘆く女性

首イボが毎日増えているような気がするのは、現実のことです。毎日1個ずつ増えるというものではないのですが、30代に突入した辺りから肌の老化現象が加速し始めるので、1個、2個発見してしばらくすると、あれ?多いなと感じる様になります。痛みやかゆみなどの自覚症状がありませんし、小さなものが多いので顔のメイクに集中していると気が付かないことがあります。

首イボ自体は健康に悪い影響を及ぼすものではないので、放置しておいても問題はありません。ただ、ネックレスや襟ぐりに当たる位置にあると不快に感じたり、目障りになったりすることもあるので、できればケアによって解消したほうが良いでしょう。

首周辺のイボ加齢による老化現象ですが、直接的な原因は紫外線が大きいです。紫外線は肌を乾燥させてキメを乱しますし、日焼けをすればやけどと同じなので更に肌の水分が奪われます。この時保湿ケアが不十分だと、肌細胞が劣化してターンオーバーが上手くできなくなります。これによって老廃物が溜まりやすくなり、角質となって残ったのがイボです。このサイクルは老化現象ですから年齢を重ねるごとに増えやすくなる傾向にありますが、特に更年期以降の女性、肥満傾向にある人に多いのが特徴です。

首イボはケアをせずに放置すれば増え続ける可能性があります。しかし、地道にケアを行えば増え続けないようにできますし、できてしまったものも改善することができます。ケアは特に難しいものではなく、首筋のマッサージなどで新陳代謝を促して、老廃物が流れやすくすれば良いのです。最近では、専用の美容液なども販売されていますので、それを利用すれば改善効果を更に高めることができるでしょう。中には病院で除去手術をする人も多いですが、突起物を取り除く事はできても、肌のターンオーバーが改善するわけではないので、再発のリスクは残ります。場合によっては跡が残ることもあるので、まずはセルフケアでの改善を目指すと良いでしょう。